M1チップ

M1チップ、Big Sur搭載【MacBook Air】【MacBook Pro】どっちがいいのか比較!

遂にAppleからM1チップ搭載のMacBookの発表がありました!

tomosatoは2014MacBook Airを使用していますが動画編集や仕事で使うにはそろそろ限界。

そろそろ買い替えたいと思っていたので嬉しい発表でした!

・MacBook Air
・MacBook Pro

性能や違いが気になるところですが、今回はこの2機種を比較検討していきます。

・M1チップって何?
・macOS Big Sur?
・MacBook Air、MacBook Proどっちがいいの?
・オススメの使用シーンは?

さあどっちにしましょうか?

スポンサーリンク

独自半導体【M1チップ】

M1チップ

M1チップはAppleがMacのために設計した初めてのチップで、Apple史上最もパワフルなチップ。

具体的には

Macで初めてのシステムオンチップ

MacやWindowsのパソコンには従来、CPU、出入力、セキュリティなどのために複数のチップが使用されていました。

M1チップはこれらのテクノロジーが1つのSoCに統合されたことにより優れたパフォーマンスと電力効率を実現。

スポンサーリンク

ワット当たり世界最高峰のCPU性能

4つの高性能コアと4つの高効率コアで構成された8コアCPUを搭載。

4つの高効率コアは10分の1の電力でパフォーマンスを発揮し、このコアだけで現行のMacBook Airと同等。

作業に使う電力ははるかに低く、通常のネットサーフィンなら負荷の軽い作業を効率よく動作。

更に8コア全てが連携することで高パフォーマンス、優れた処理能力を発揮することができワット当たりのCPUは世界最高峰!

ワット当たりのパフォーマンスは従来品の3倍

世界で最も早いGPU

8つのパワフルなコアが搭載されたM1のGPUは25,000スレッドを同時に処理できる。

スポンサーリンク

驚異的な機械学習能力

毎秒11兆の演算処理が可能。

画像処理、映像分析、音声認識など複雑なタスクでも高パフォーマンスを実現。

M1チップまとめると

M1チップ

M1チップは省電力でバッテリーの持ちが良く、複雑な作業も快適にする高性能なチップが内蔵されている
tomosato
これだけ高性能であれば数年パソコン業務にはストレスがなくなりそうですね!

macOS Big Sur

Big Sur

新しいmacOS Big SurはM1チップを性能を最大限に発揮するできるように設計されています。

・驚異的なバッテリー性能
・複雑な作業がスムーズ
・Apple製のアプリケーションがすべて動く

iOSとmacOSの垣根がなくなり今後はiPhoneのような直感的な操作感になっていくんですかね。パソコンでスマホアプリが動くとなると今後高性能なゲームが開発されそうですね。

ちなみにBig Sur(ビッグサー)とはカリフォルニア州の景色の綺麗な観光名所。

Yosemiteから続く地名シリーズですね。

デザインも一新されインストールが楽しみですが注意点があります。

2013年中期以前のMacにはインストールできない

『画面左上のアップルマーク』→『このMacについて』で確認!

MacBook Air MacBook Pro比較

 

機種13インチ MacBook Air13インチ MacBook Pro
ディスプレイ13.3インチRetina(対角)
2560×1600px
輝度 500ニト
光色域 P3
True Toneテクノロジー
13.3インチRetina(対角)
2560×1600px
輝度 500ニト
光色域 P3
True Toneテクノロジー
プロセッサーM1プロセッサー
7コアor8コア
M1プロセッサー
8コア
メモリ8GB(最大16GB)8GB(最大16GB)
ストレージ256GB(最大2TB)256GB(最大2TB)
ワイヤレス802.11ax WiFi6
Bluetooth 5.0
802.11ax WiFi6
Bluetooth 5.0
サイズ高さ 1.56cm
幅 30.41cm
奥行き 21.24cm
高さ 0.41-1.61cm
幅 30.41cm
奥行き 21.24cm
重量1.29kg1.4kg
バッテリー49.9Wh
30W USB-C充電アダプタ
ワイヤレスインターネット
最大15時間
Apple TVアプリの再生
最大18時間
58.2Wh
61W USB-C充電アダプタ
ワイヤレスインターネット
最大17時間
Apple TVアプリの再生
最大20時間
冷却ファンなしあり
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
価格Apple M1チップ
(7コアGPU)
256GB 10万4800Apple M1チップ
(8コアGPU)
512GB 12万9800
Apple M1チップ
256GB 10万4800
512GB 12万9800

外観は従来のインテルチップ搭載モデルと寸法、重量と変化なし。

しかしApple Silicon M1チップにより消費電力に対する動作が向上しよっぽどの負荷をかけない限り快適に使えそうですね。

MacBook Air、MacBookProどっちがオススメ?

スペックを見ると正直そんなに変わらない印象。

それぞれの特徴をまとめると↓

MacBook Air

MacBook Air M1チップ

・価格がお手頃
・とりあえずM1チップを体験したい
・ファンレス仕様で静かな動作
・シンプルなボタン配置、Touch ID搭載
・1.3kgと軽量

色展開がゴールド、シルバー、スペースグレイと3色展開。

世界で一番売れているノートパソコンであるMacBook Airということだけあり、入門機と位置付けM1チップを世界に広げたい感じがしますね。

シンプルな使用感は幅広い人に好まれそうです!『薄くて軽い』は持ち運ぶのを前提とすると大事な要素です!

シンプルな操作性、ファンレスで軽量。気軽に持ち運んで使用したいならMacBook Airがオススメ

MacBook Pro

MacBook Pro M1チップ

・Touch Barの優れた操作性
・動画編集、写真加工、ゲーム全てやりたいならこれ
・M1チップの機能を最大限に体験したい
・空冷ファンによる排熱仕様

Touch IDは共通していますがTouch BarはMacBook Proのみ。

最大の違いは空冷ファンがあることではないでしょうか。

MacBook Proには空冷ファンを搭載しなければならないぐらいパワフルに動くのではと想像してしまいます。

動画編集、写真加工なのど作業をメインで使用するなら排熱は大事ですしね。

またハイスペックなゲームアプリをオンラインで楽しむなら空冷ファンは必要に感じそうです。

動画編集、写真加工、オンラインゲームなどメイン機としてバリバリ使うならMacBook Proがオススメ!

まとめ

Apple製品 ラインナップ

M1チップの登場により今後様々なアップル製品が1つのOSで管理できるようになると面白いし便利になりますよね!

tomosato
tomosatoは今後の長く使用することを考えて動画編集、写真加工に優れた長時間仕様できるMacBook Proにします!
購入したらレビュー記事を書きたいと思います!
created by Rinker
Apple(アップル)
¥134,800(2022/12/06 18:21:14時点 Amazon調べ-詳細)

Macで音楽を楽しむならこれ!

関連記事

✔ 本記事の内容・1年使って感じたメリット5つ、デメリット3つ・AirPods Proの特徴まとめ「AirPods Pro」の最大のヒット理由は「使用感」これに尽きるとおもいます。「AirPodsの軽いつけ[…]

airpodspro
created by Rinker
Apple(アップル)

Amazonでさらに安く買う裏技

Amazonで買い物をする前に、さらに安く買う裏技を紹介します。

方法は簡単!

Amazonギフト券をチャージして、チャージしたお金で商品を購入する。

これだけでチャージ金額の最大2.5%のポイントが還元!

amazonギフト券でお得に買いもの

※せっかくチャージしても有効期限以内に使い切れるかな?なんて不安にならなくても大丈夫!

Amazonギフト券の有効期限は10年もあるので日用品から趣味の物まで全て対象なので使い切れますよ!

買い出しでスーパーなんかほとんど行かなくなります!

Amazonプライム会員ならさらに0.5%ポイント還元があります!

チャージして買い物するだけで『あなた』が得をするキャンペーンなのでおススメです

 

コンビニ、ATM、ネットバンキングに対応してます。

 

スポンサーリンク