ゼンハイザー CX True Wireless

【ゼンハイザー】CX True Wirelessをレビュー|防水が追加!現行ラインナップと比較

✔本記事の内容

・『CX True Wireless』のどこが進化したかまとめ
・音質は?どう変わった?
・その他のゼンハイザーワイヤレスイヤホンと機能比較

ゼンハイザーはCX400BT、モメンタム2と購入してきましたが、こんなに早く新作が出るとは…。

ワイヤレスイヤホン界はさらに盛り上がりそうですね!

今回はゼンハイザーの新作ワイヤレスイヤホン「CX True Wireless」の

「音質レビュー」「進化したポイント」「ゼンハイザーの現行ラインナップと比較」していきます。

購入を迷ってる方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

結論:低音好きは迷わず買い替え

CX400BTを愛用しているのでちょっと複雑な気分ですが

まずは結論、

「低音好きなら迷わず買い替え」

CX400BTはAmazonで1万円クラスでは異次元のサウンドを鳴らしてますし

音質は間違いないのですが、音の傾向は低音よりの優等生といった感じで

個性が少し弱い印象がありました。

今回マイナーチェンジとなる『CX True Wireless』は

ベースブースト機能が追加され、低音がさらに強調されより音楽を楽しむことができます。

その他の変更点は待望の防水(IPX4)性能がプラスされ、バッテリーはさらに長持ちと

使用感が大幅にアップ!ジムやランニング、雨の日も心配せずに楽しめるようになりました。

これだけの性能で1万円代では他のメーカーはお手上げ状態ですね。

ゼンハイザー ワイヤレスイヤホン比較

✔ゼンハイザー ワイヤレスイヤホン比較

MOMENTUM
True Wireless 2
CX True WirelessCX 400BT
価格3万9930円税込み1万7380円税込み2万5850円
ノイズキャンセリング
パッシブノイズ
アイソレーション
ワイヤレスLDSアンテナ+
BT5.1 Class1
(10mW)
BT5.2対応 Class1
(10mW)
LDSアンテナ+
BT5.1 Class1
(10mW)
防水IPX4IPX4
通話2マイクビームフォーミング2マイクビームフォーミング2マイクビームフォーミング
左右片耳使用右のみ左右独立可右のみ
イコライザー
サウンドチューニングHigh-End TuningBassブースト
バッテリー最大7時間
ケース併用28時間
最大9時間
ケース併用27時間
最大7時間
ケース併用20時間

 

スポンサーリンク

CX true Wirelessレビュー

ゼンハイザー CX True Wirelessレビュー

音質はCX400BTの上位互換

まず驚くのは「音の質」。

モメンタム2の上質で響きが豊かな音質はそのまま、ベースブースト機能でさらに低音を盛ることができます。

かといってブーミーになるわけでなく量感を底上げするような味付け。

ベースブースト機能をオンにし、アプリ「Sennheiser Smart Control」でも低音を強調すれば迫力ある低音を楽しめる感じ。

しかしノイズキャンセリングはないので音楽への没入感はモメンタム2が圧勝。

あくまでも音質はCX400BTを上位互換。

この音質で¥15,000は破格です!

スポンサーリンク

CX True Wirelessの進化ポイントまとめ

✔ MOMENTUM True Wireless 2と同等の7mm径トランスデューサー(ドライバー)

音質に妥協のないゼンハイザーならでは、最上位機種であるMOMENTUM True Wireless 2と同じ7mmドライバーを搭載しCX400BTよりもさらに高音質に。

✔IPX4防水に対応

ゼンハイザー CX True Wireless IPX4防水

CX400BTは防水非対応だったので、雨や汗をかいてしまうシーンでは不安でしたが、CX True WirelessはIPX4の防水対応になりました。

今まで使用を避けてた雨やスポーツシーンでも高音質を楽しめますね!

✔ベースブースト機能の追加

CX True Wireless ベースブースト機能追加

✔ 若い世代からの「もっと低音を豊かにしてほしい」との要望が多く実装されたのがベースブースト機能

ゼンハイザーのイコライザーアプリはもともと使用感がよく、音質を自分の好きな傾向にカスタマイズできましたが、そこに「ベースブースト機能」が追加。

そんなベースブースト機能の恩恵は街中で発揮されるでしょう。

なぜならノイズキャンセリングがない状態で音楽を聞いていると、低音が抜けてしまい迫力がダウンしてしまいます。

そこでベースブースト機能をオンにすれば、もともとパッシブな遮音性が高いので

人の多い場所や騒音の中でもより没入感を感じられるでしょう。

バッテリー性能もアップ

✔ イヤホン単体で最大9時間、ケース併用で27時間(CX 400BTは単体7時間、ケース込みで最大20時間)

バッテリーはさらに長持ちするようになりました。

充電ケースの端子はUSB Type-C。

残念ながらワイヤレス充電には非対応。

CX True Wirelessまとめ

✔MOMENTUM True Wireless 2と同等の7mmドライバー搭載
✔IPX4の防水
✔ベースブースト機能搭載
✔バッテリー性能がアップ

率直な感想としては「CX400BTの正統進化」といった感想。

最上位機種のMOMENTUM True Wireless 2との違いがノイズキャンセリングとデザインだけになってきたので、そろそろモメンタム3に期待したいですね。

個人的にはCX400BTを所有していて、低音がもう少し欲しいと感じていたら間違いなく満足できます。

高音質×低音を実現しているワイヤレスイヤホンは少ないので、これから購入するのであればCX True Wireless一択。

是非機会があったら試してみてください!

ゼンハイザー ワイヤレスシリーズにおすすめイヤーピースはこちら。

フィット感が半端じゃないですよ!

Amazonでさらに安く買う裏技

Amazonで買い物をする前に、さらに安く買う裏技を紹介します。

方法は簡単!

Amazonギフト券をチャージして、チャージしたお金で商品を購入する。

これだけでチャージ金額の最大2.5%のポイントが還元!

amazonギフト券でお得に買いもの

※せっかくチャージしても有効期限以内に使い切れるかな?なんて不安にならなくても大丈夫!

Amazonギフト券の有効期限は10年もあるので日用品から趣味の物まで全て対象なので使い切れますよ!

買い出しでスーパーなんかほとんど行かなくなります!

Amazonプライム会員ならさらに0.5%ポイント還元があります!

チャージして買い物するだけで『あなた』が得をするキャンペーンなのでおススメです

 

コンビニ、ATM、ネットバンキングに対応してます。

スポンサーリンク